AWS cloud practitionerの結果が届いた。大体8割

昨日受けて、今日の朝にはメール通知が届いていた。

 

結果は 831/1000 なのでまぁまぁ良し

(但し、スコアは100-なのでTOEICみたいな相対スコア?)

 

昨日の記事にも書いたけれど、基本的には参考書とAPNパートナーで受講できるCloud practioner essentialsの範囲を出ない。

 

ただAWS artifactのような聞いたことない

サービスが出て来て戸惑ったので

 

最新のホワイトペーパーなりをざっと見ておくと良かったのかもしれない。

 

総じて言うと、このレベルでは突っ込んだ知識レベルまでは問われない。

あくまで入門編の試験だしね。

 

参考書2,3周+ホワイトペーパー等で知識補強しておけばOK

 

1か月くらいでAWS Cloud Practitionerに合格した。

自分のエンジニアとしてのスキルを磨くために
会社をいつでも辞められるように準備しようと思って、試験を受けてきた。
※あまり本気では無い。心構えとして

検索するとIT業界の経験があれば、皆さん大体2週間程度の勉強で合格しているようなので、まあこんなものだろう

参考書はこれとAPNパートナーのCloud Practitioner 等々

今日合格したので、成績はまだだけど設問はおおよそ参考書の範囲を出ないものだった。

Tipがあるとしたら、

  • 参考書で見たことのない単語は弾いてよさそう
  • 日本語で受験したが、文章が分かりにくい場合は(おそらくは機械翻訳が)こなれていないせいなので、
    「English」ボタンで英語の出題文も確認すると良い
     例えば、

「~、AWSが"管理する"のは次のうち~」

 この文章は

「~, aws managed ~」

だったりする。
(文法はたぶん間違っているので、ご容赦下さい)
 このほうが断然理解しやすい

 そんなに難しい英語ではないので、迷ったら英語での出題文を確認することをお勧めする。

次はAssociateのどれか、udemyの講師によるとAssociateの中では難易度は
Developer>Sys>ソリューションアーキテクト らしいが、ビジネスパーソン向けだからだろうか。
最近コードを書いていないとはいえ、一応プログラマなので一気にDeveloperに行くか考えどころ。

ライトなノワール カリ・モーラ(トマス・ハリス)

今までの作風と違って"ライト"なノワール

良く言えば読みやすく、扱いやすいので上手くハマればドラゴンタトゥーの女の様に映画化もしくはドラマ化を狙った作品だろうか

 

感想としては冒頭に書いた軽いノワールの入口とでも言えば良いのか。

軽くて読みやすいが、読者が作者に期待しているであろう淡々とした異常性が感じられない。

 

何となくエルロイとドラゴンタトゥーの女を混ぜて書いてみました。みたいな作品

 

PLAYBOYとか(もう無い?)あの辺で連載してる分には読むだろうけど。てな感じかな

帯のワシントン・ポストが云々みたいのはあまり当てにならないなと。

大御所なのでそう書いたのかもしれないが、正直に言うと期待外れ、無理やり褒めるとしたら新基軸といったところ

あのターミネーターが見たい人はターミネーターを見るべき

タイトル通りなんだけど、

 

リンダ・ハミルトンがマシンガンをぶっ放し、

シュワルツェネッガーが傷ついて機械剥き出しになりながらも戦い、

T-1000みたいな液体ロボットが見たい人は

映画館に行くと良い

 

最近はリメイクが多いけど、期待通りの映画なのは間違いない。そういう意味では期待以上でもないんだけど。

 

テンセントがスポンサーに入っていたので何かしら忖度入っているのかと思ったが、

雰囲気を損なわない程度にポリコレ入っていたのでそんな心配はなかった。あのペンギンみたいなキャラは何でしょうね。

 

新規軸自体は新しいスパイスとして良かったと思う。アメリカに限らず、ポリコレと言うか理想を打ち出さなくなって来ている中で

敢えてあの要素を入れた意気は多少はあるんじゃないか

 

不満があるとすれば、オマージュが中途半端かなー。

トレードマークのXXXXXとか、最後のシーンはXXXをすべきでは、とか匂わすだけで何もしないのはイマイチに感じた。

続編に来た人は、ある程度まで期待通りの映画を見に来ているので、

それに寄り添う古き良きB級に徹したらもっと良かったのでは

主曰く、カピバラは魚である:カリ・モーラ(トマス・ハリス)

トマス・ハリスのカリ・モーラを読んでいたら、カピバラは魚だと書いてあったので。

カリ・モーラ (新潮文庫)

カリ・モーラ (新潮文庫)

こちらのブログwww.02320.netにまとまってますが、 要は方便ですね。山クジラみたいな。

佐藤優さんの本で読んだったんだか覚えてないけど、キリスト教ローカライズみたいな話をどこかで読んだので そうした現地の事情に合わせたローカライゼーションの一つなんだろう。

調べたら他にもありそうだな。

人気ブログランキングへ

garmin musicでAmazonMusicを聞くにはJPのアドレスに認証する

http://formercharider.net/archives/20190828.html

 

こちらの記事を参考

 

ウオッチでナビゲートされる認証アドレスは

amazon.com/us/code」

だが、これだとUSのunlimited(prime)契約に紐付かないのでエラーになるって事かな

 

amazon.co.jp/us/code」←これが正解のよう

最近聞いた曲のリストにスピッツ出てきたから多分大丈夫

帰ったらダウンロードしてみよう

13インチくらいのlaptops

を探している。

 

AWSセミナーに参加した時に

17インチを持ち込んだのだけれど

重いし、デカい。

 

前回はほぼ座学(講義)だけだったので

ネットブックでも良い気もするが

ハンズオンだとどれくらいのスペックが

必要になるんだろうか。

 

hpもしくはmacbook proの極端な二択になってしまいそう